ストレスチェックに迷いは禁物です|思い立ったら即行動

看護師

普段の生活で現るポイント

下を向くメンズ

ストレスがたまっているかどうか判断できるストレスのチェックポイントがあります。そのチェックポイントに自分が当てはまると感じれば、ストレスを緩和させられる方法を取り組むことが必要です。その方法の1つに活字に親しむことが効果的といわれています。

Read More...

毎日精神面でも健康生活

診察

ストレスを全く感じないで生活をしている人はいませんが、しかし重く負担がかかりすぎると病気になってしまう事があります。ストレスチェックを行なって、自分のストレスコントロールに役立てましょう。自己解析してストレスの原因を探るのが、精神病予防に必要です。

Read More...

解決を早めに図る

相談

2015年から始まったストレスチェックは、労働安全衛生法の改正によって義務付けられた制度です。従業員が50人以上の事業所では行なうことが必要となっています。「職業性ストレス簡易調査票」という57項目に分かれた質問に、従業員が4段階で答える方式で、インターネットか書式のどちらでも記入可能になっています。ストレスチェックを受けて、ストレスが高いと判断されれば産業医などによる診察が行われます。医師の診察は強制的ではなく本人の判断に任されます。このチェックの目的は、労働者が自分のストレスの高さに早めに気づき、それを事業所の対処などによってうつ病などに重症化する前に改善し予防することにあります。事業所は、その検査結果に基づいて、必要に応じ残業を少なくしたり休日出勤を減らしたり、あるいは有給休暇をとらせるなどして従業員の症状改善に努めます。現代では、職場での過密労働や人間関係、仕事上の問題などでメンタルに悩みを抱えている人が多く、勤務問題で精神面の病気を発症する人が増加する傾向にあります。また、自殺者も多くなっており、これは企業にとっても大きな損失になっています。このような問題を解決するためにストレスチェックが行われるようになったのです。この制度は社会にはマイナンバー制度のように大げさに宣伝されることもなく始まり、いまだにその存在を知らない人も多いですが、この制度が浸透すれば、ストレスで苦しむ人は少なくなるでしょう。

ストレスチェックは、会社に属している人だけでなく、学生や主婦も気になった場合行なうことが可能です。いまは心療内科や精神科などのホームページ上でも、自分で質問に答えていくテストのようなものが用意されています。そこでストレスの度合いをチェックして、結果があまり良くないようであれば、心療内科などの医療機関に足を運んでみましょう。チェックの結果は、サイトによって印刷可能なこともあるので、それを持っていくことでカウンセリング時にもスムーズに話をすることが出来るはずです。いまはストレスが原因で、人によっては疲労が溜まりやすくなったり、頭痛や吐き気があったりします。最近少し体調がおかしいと感じたら、精神的に特に問題がなくてもカウンセリングをして診てもらうといいでしょう。もし体調不良もあり、さらにイライラや無気力など精神的な面でも何らかの症状が出ている場合、そのまま放置すると悪化し、うつ病に発展してしまう恐れがあります。うつ病になると治療が長引く可能性もあるので、早めに医療機関に行くべきなのです。細かい部分まで相談をすることで、不安や悩み、ストレスが解消されるはずです。またストレスの解消方法や催眠療法など、その人に合った治療を行なってもらえるので早期解決が見込めます。いまは精神面をサポートしてくれる医療機関が増加しているので、周りの視線を気にすることなく行くことが出来ます。ただ初めてで不安であれば、まずは電話などで相談してみるのもいいかもしれません。

精神の危険信号

病院

仕事や育児、家庭環境などから与えられるストレスの重圧によってノイローゼとなってしまう人は多く存在しています。そのノイローゼは精神病ではないため脳の異常は見つからないものですが、精神の危険信号でもあるためノイローゼになっていないかチェックしながら周囲が気遣うことが大事です。

Read More...