毎日精神面でも健康生活|ストレスチェックに迷いは禁物です|思い立ったら即行動

ストレスチェックに迷いは禁物です|思い立ったら即行動

シニア男性

毎日精神面でも健康生活

診察

日常の精神的生活習慣工夫

ストレスを感じるのは生きている証拠でもあると言われています。人間でも、他の動物でも昆虫などでも、行動したり食事をしたり睡眠をしたり、あるいは死んでしまったりする限りは何かしらの欲を感じて生活をしなければなりません。そのため自分の中の欲求が満たされなくなってしまった時、どんな生物もストレスを感じてしまいます。人間ももちろん欲求が満たされない時にストレスを感じます。ストレスをチェックする際の項目としては、八つ当たりをし過ぎているかどうか、頻繁にふさぎ込んでいないかなどといった項目によって自己チェックをする事が可能です。ストレスチェックの項目は、心療内科や精神科のホームページなどでも公開されているので、参考すると良いです。自己診断する習慣をつけることで、ストレスを溜め過ぎないようにしましょう。人間は欲求が満たされないとストレスを感じますが、しかし一方で理性によってストレスをコントロールする事ができるのも人間の特徴だと言われています。多くのフラストレーションが溜まってしまう要因としては、自分の価値観に当てはめた解釈による場合もあるのです。例えば電車の中で、自分の顔を見て女性数名がヒソヒソと会話をしていると、あたかも自分の悪口を言われているかのように感じてしまい不快な気持ちになります。しかし相手の会話をしている女性たちは、たまたまそちらの方を向いて何か他の会話をしていたのかもしれません。また何かポジティブな内容の会話をしていただけなのかもしれません。もちろんたまたま目についたので悪口を言っている場合もあります。しかしいずれにしてもしっかりとした確認を取ることができない情報のため、悪口だと勝手に自己解釈で捉えてしまうのは早計です。「悪口を言われているかもしれない」と自分で勝手に解釈し続けてしまうと被害妄想の癖が生じてしまう事があり、精神面での健康には良くないのです。

工夫して精神的負荷軽減

しかし一方で、ひょっとして悪口を言っているかもしれないと頭に置いておくことは大切な事でもあるのです。本当に相手が自分の悪口を言っていた時に、前もって悪く捕らえておけば傷つきにくいためでもあるからです。こうした細かい部分の解釈を自分の頭の中で整理して認識しておくだけでも、情報に対する捉え方が変わってきます。例えば柔道では、大ダメージを受けて転倒した時に受け身を取って身体へのダメージを軽減します。精神的な面でもこうした受け身のような工夫をして、情報の捉え方を工夫するのは非常に大切なストレス軽減ポイントのひとつです。感情は目に見えないからこそ、特徴を掴みづらく、また周囲から分かってもらいにくいため、まずは自分で自分の心を守るためのトレーニングをする事でストレスを軽減させる事ができます。他にも、八つ当たりを頻繁にするようになるのは、重要なストレスチェックのポイントのひとつです。八つ当たりをする理由の多くは自分の欲求が満たされておらず自分の心の中に、誰かに何かを分かってもらいたい気持ちが潜んでいるためです。無神経に八つ当たりをすると周囲からの自分に対する評価が下がってしまうため、無闇に八つ当たりをする人などはいないはずです。そうした意味でも八つ当たりの原因についてチェックし、自己解析を続けて掘り進めてゆくとストレスの原因に行き当たる場合があるのです。このようにして、自分がなぜイライラしているのかと解析して自分の心を大切に守ってあげる努力は、精神病予防のためには大切なポイントのひとつと言えます。こうした心がけは個人でも日頃から比較的簡単に行う事ができるため、気がついた時にでも実践して生活習慣の改善をしてゆきましょう。改善が必要な場合は少しずつ無理のない改善を行ってゆくと、有効的な精神病予防になります。