普段の生活で現るポイント|ストレスチェックに迷いは禁物です|思い立ったら即行動

ストレスチェックに迷いは禁物です|思い立ったら即行動

シニア男性

普段の生活で現るポイント

下を向くメンズ

早期にわかるように

現代は、ストレス社会と呼ばれる世の中であり、多くの人がストレスを抱えていたりします。ある程度のストレスはモチベーションを保つために必要とされることもありますが、溜まりすぎることで精神的にも負担がかかってきます。また、身体的にも影響が出てくるようになっていきます。精神的な負担となっている状態は行動に現れてくることもあります。例えば、ギャンブルや買い物の依存症となってしまったり飲酒が多くなってきてしまったりします。そして、身だしなみにも気を使うことが少なくなってしまうこともあります。精神的にストレスがたまっていると感じるチェックポイントを理解していると、自分の身内が精神的につらい状況となっているのではないかと判断できます。それによって、自分自身もちょっと休まなければいけないと自分で理解することができるようになっていくのです。最近ではストレスがたまりすぎているにも関わらず、自覚症状を感じていない人も多くいます。ストレスが病気を引き寄せようとしている状態になっていることに気づかないでいるケースも珍しくありません。症状が悪化してからでは治療も時間がかかるようになってしまいます。チェックポイントとはどのようなものかといいますと、集中力が続かなかったり、人づきあいが面倒に感じてくると要注意です。そのほか趣味や好きなアーティストに対して強く関心を持っていたのに、最近では関心を持たなくなりどうでも良く感じてくるようになるなどのような状態と注意が必要です。

活字を読む

ストレスが溜まってきているのではと考えられる身体症状のチェックポイントがあります。それは、腹痛が起きたり夜眠る時間になっても眠気が感じられなくなってきたり、そのほか激しく体を動かしたわけでもないのに動悸がしたりするなどのような症状が挙げられます。また、これらの症状を訴えたのに、病院で診てもらっても異常がないと診断されるような場合にも、ストレスが溜まってきている可能性があります。ストレスから引き起こす病気はいくつもあり、ひどくなれば仕事や生活に支障をきたしてしまうこともあるため気を付けなければなりません。病気を予防し精神的にも身体的にも負担をかけないようにするためにも、ストレスを緩和することが重要です。最近では、本も電子書籍化してきており、活字を読む範囲が広がってきていたりします。また、若者の活字離れが騒がれていますが、カフェで本を読んだり読書会が開かれたりするなどまだまだ活字を読む人は多く存在しているものです。実は、活字を読むことはリラックス効果を引き出すことができ、集中力も高めることができるため、ストレス対策効果が高いのです。活字を読むことでストレスに強くなれば、たまりすぎていたストレスを自分で軽減させていくことができるようになるのです。30分でも10分でも活字を読む時間を作るだけでもストレスの感じ方は変わってきます。チェックポイントに当てはまると感じたならば、読書で活字を読む習慣を少しでも身に着け、それまで感じていたストレスを緩和させていきましょう。